メニュー

消化器疾患

消化器疾患とは

消化器疾患とは、消化器官(口腔、食道、胃、腸、肝臓、膵臓、胆のうなど)に起因する疾患の総称です。消化器官は食べ物を消化・吸収する役割を担っており、消化器官の正常な機能に障害がある場合、さまざまな消化器疾患が引き起こされることがあります。主な消化器疾患には、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃食道逆流症、肝炎、胆石症、膵炎、大腸炎などがあります。また、各消化器に悪性疾患つまりがんが生じる可能性があります。

主な消化器疾患

以下に、代表的な消化器疾患とその特徴をまとめた表を示します。

消化器疾患 特徴
胃潰瘍 胃壁が薄くなって潰瘍ができる病気。胃の中での酸の分泌量が多いことが原因の1つ。
十二指腸潰瘍 十二指腸(小腸と胃の間の部分)の内側が薄くなって潰瘍ができる病気。胃酸やピロリ菌の感染が原因の1つ。
胃がん 胃壁の内側の細胞ががん化する病気。主な症状は食欲不振や腹痛。
大腸がん 大腸の内側の細胞ががん化する病気。便秘や下痢、腹部の不快感がある場合がある。
肝炎 肝臓が炎症を起こす病気。B型肝炎、C型肝炎などがある。主な症状は疲労感や腹部の不快感。
膵炎 膵臓が炎症を起こす病気。強い腹痛や吐き気、発熱などの症状が出ることがある。
食道がん 食道の内側の細胞ががん化する病気。喉のつかえや飲み込みにくさ、胸焼けなどの症状があることがある。
胆石症 胆石ができて、胆嚢や胆管を詰まらせる病気。右上腹部の痛み、吐き気、発熱などの症状が出ることがある。
潰瘍性大腸炎 大腸の内側が慢性的に炎症を起こす病気。下痢、腹痛、腸のうねり感などの症状があることがある。
クローン病 消化管のどこかで慢性的な炎症を起こす病気。下痢、腹痛、貧血、食欲不振などの
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME